アルツハイマ

アルツハイマー病新薬 米で承認 エーザイなどが開発

アルツハイマーの症状を判断する方法として、上記の画像が見た事はありませんか。

10分以内に「ラクダ」を見つけだせなければ、アルツハイマー病のリスクがあるという画像認識テストです。

ですが、ご安心ください。これは偽物でアルツハイマー病の診断には役に立ちません。

試しに「ラクダ」を見つけられるか挑戦してみてください。

 

海外医薬品でアルツハイマー対策

以下で回答をご覧いただけます。

アルツハイマー・テスト(ラクダ版)回答

この画像は2012年頃から流通された加工されたモノで、元々の画像は2009年から流通しております。

様々な動物が人間の顔に似せ配置され目の錯覚のテストとなっています。

以下が、元々の画像で、単に動物を見つけ出すというテストです。

認識テスト

どちらにしても、アルツハイマー病の症状は進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害や問題解決能力の障害など)であり、このような画像から動物を探し出すことがアルツハイマー病のリスク診断には役立つことは、どこにも言及されていません。

アルツハイマーについてはこちらを参照してください。

https://e.cambridgeanalytica.org/

 

 

 

 

 

アルツハイマ
1:アルツハイマー@痴呆症2023.01.07(Sat)

アルツハイマー病新薬 米で承認 エーザイなどが開発ってアルツハイマー動画が話題らしいぞ

2:アルツハイマー@痴呆症2023.01.07(Sat)
3:アルツハイマー@痴呆症2023.01.07(Sat)

物忘れなどの記憶障害、歩きづらさ、手足の震えなどの運動障害、初期にうつのような精神症状が現れるのが多いことも特徴です。

4:アルツハイマー@痴呆症2023.01.07(Sat)

「やらないのかよ!」というツッコミが入る。

5:アルツハイマー@痴呆症2023.01.07(Sat)

認知症の原因のうち、最もよく知られている疾患が「アルツハイマー病」です。国内の認知症患者のうち、約5~6割はアルツハイマー型認知症といわれています。

6:アルツハイマー@痴呆症2023.01.07(Sat)

いじるボケは絶対にやりすぎてはいけません。

7:アルツハイマー@痴呆症2023.01.07(Sat)

This is description

日本の製薬大手・エーザイなどが開発したアルツハイマー病の新しい治療薬がアメリカで承認された。

エーザイなどが共同開発したアルツハイマー病の治療薬「レカネマブ」は、アメリカのFDA(食品医薬品局)から「迅速承認」と呼ばれる保険が原則、適用されない特例措置で承認された。

「レカネマブ」は、アルツハイマー病の原因とみられる、異常にたまっているたんぱく質を脳内から取り除く効果があるとされている。

エーザイの内藤晴夫CEOは7日の会見で、保険適用の可能性が高まる「完全承認」を申請したと明らかにした。

エーザイは、日本でも3月までに承認申請する方針で、年内に承認されることを目指したいとしている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

8:アルツハイマー@痴呆症2023.01.07(Sat)

>>7 幼稚園児が里見浩太朗に会ったときぐらいピンとこないよレベル200のテトリスくらい速いよアルツハイマー病では、脳の複数の領域が変性して、神経細胞が破壊されます。そして破壊されなかった神経細胞も、脳内にある多くの神経伝達物質(神経細胞間で情報伝達を担っている物質)に対する反応性が低下します。

9:アルツハイマー@痴呆症2023.01.07(Sat)

>>7 かぐや姫くらい身勝手だよ対照的に、イプシロン2の遺伝子を保有している人は、アルツハイマー病になりにくいようです。

10:アルツハイマー@痴呆症2023.01.07(Sat)

>>7 家族だけで認知症の人を介護することはできません。サービスは「家族の息抜き」だけでなく、本人がプロの介護を受けたり社会に接したりする大事な機会です。

powered by アルツハイマー製品詳細

コメント

  1. ボケ治療向きではないけど、ほっこりできていい

タイトルとURLをコピーしました